FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by まさや・ちあき on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしがり屋の彼と、ついに対面!

Posted by まさや・ちあき on 12.2015 アルゼンチン   8 comments   0 trackback
ちあきです~


久しぶりのブログで少し緊張します( ;´Д`)


今日は私がフィッツロイのトレッキングについてお伝えしたいと思います!

DSC_3478_20150109234449ce8.jpg 




山の上でフィッツロイ鑑賞を堪能したので、下山することに!


昨日のブログにまさや君が理由を書きましたが、


これは2回目の下山です。・゜・(ノД`)・゜・。



地獄のような坂道を2回って…


うぅ。きつい( ; ; )


膝が壊れるんじゃないかって思いながらも、なんとか地獄の坂道を下り切りました!



坂道のゴールに川があったので休憩することに!

DSC_3440_20150109233854c35.jpg



喉がカラカラだったので、


川の水を汲んで飲んでみました!

DSC01159.jpg




まさや「これは…雪解けの味がする」



悔しいけれど、味オンチのまさや君と私も同じ感想でした。


この水は今まで飲んだ水の中で1番美味しかったです!




登ったときは真っ暗で何も分からなかったけれど、


ここには


今までの旅で見てきた絶景に負けないくらい壮大な自然や可愛いお花がたくさんありました。

P1190135.jpg


P1190164.jpg
(恐竜が飛び出してきそうな大自然)



DSC01161.jpg




ふと後ろを振り返ると、


雲がないフィッツロイの姿がありました。

P1190152.jpg



「うわぁ…すごい」



と思わず声がでてしまうくらい!

P1190159.jpg




“恥ずかしがり屋のフィッツロイ”がようやく姿を出してくれた!!



フィッツロイは迫力があるだけじゃなくて、すごく美しい山だったんだと知りました。


フィッツロイの全貌が見れて本当によかった!!!




それから、フィッツロイを何度も見返しつつゆっくり下りました。


たくさんの大自然を見ながら休憩したり、


湖で遊んだりと寄り道ばかりしてしまいました。

DSC_3587.jpg

DSC_3592.jpg



時間がよりかかると言われている行きより、下り坂の帰りのほうが時間がかかってしまったくらい!




雄大なフィッツロイもすごく良かったけど…


暗闇の中で見た月や、

DSC01148_20150109233623a96.jpg



涙がでるほど辛かった坂道

DSC01155.jpg



トレッキング中に話したこと

P1190145.jpg



帰り道に見た大自然

DSC_3441_20150110000250800.jpg 



おいしい川の水

P1190139.jpg 




念願のフィッツロイが見れた!という達成感だけじゃなくて、


このトレッキングそのものがとても魅力的だなぁと思いました。



大変だったけれど、フィッツロイトレッキング大満足です!



DSC_3622.jpg
(最後はエルチャンテンの看板と)




でも今、私はものすごい筋肉痛に襲われている真っ最中です…!



まさや 「めちゃくちゃ楽しかったけど、あと5年はトレッキングいいや!」



と、珍しく私達2人の意見は一致しています。



* * * * * * 



現在、ブログランキング4位です。あわわわわゎ…(´゚д゚`)


いつも読んでくださっている方、応援してくださっている方、本当にありがとうございます。


たくさんの方にこのブログを見てもらえて、とっても嬉しいです!


こんな内容ですが、これからもどうかよろしくお願いします(`・ω・´)



今日も読んでいただき、ありがとうございます!

世界一周ブログランキングに参加しています。

1クリックで、ランキングのポイントが入る仕組みになっています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この世界一周バナーをクリックして応援していただけると、とってもうれしいです!


スポンサーサイト

皆さんに伝えたい絶景がここに

Posted by まさや・ちあき on 11.2015 アルゼンチン   2 comments   0 trackback
昨日の記事の続きです!


僕達はパタゴニアの名峰・フィッツロイを見るため、深夜2時にトレッキングを開始しました。

DSC01136.jpg


朝日に照らされるフィッツロイは涙が出るほど美しいという噂です。



数時間のトレッキング、


そして、最後に地獄のような山道を登ること1時間



ついに目の前にフィッツロイが!!



と思ったら、視界は真っ白でした

DSC_3428_201501090454426f3.jpg



泣く泣く下山して、後ろを振り返ると

DSC_3439_20150109045515c33.jpg


山の向こう側からフィッツロイの頭が飛び出してました。


てか晴れてるし!




もう誰も僕の好奇心を止めることはできず、


もう一度あの山道を登ってフィッツロイを拝みに行くことになったのでした。

DSC_3440_20150109075537d51.jpg


ここまでが昨日までの話です。



再チャレンジは僕とちあきさんの2人で挑みます!


僕の熱心な説得の末、一緒に来てくれました。



他の2人は「え?本気でもう一回登るの?」と、引きつった笑顔で僕達のことを見送ってくれました。

DSC01154_20150109075537bc6.jpg


僕が履いていた短パンを強引に奪ったちあきさん。


それまでは細身の固いデニムを履いて歩いてました。


狂気の沙汰です。




何度も休憩しながら登り続けます。

DSC01155.jpg


そんな僕達を「オラー!」という挨拶と共に颯爽と抜き去る他の登山者達。



ちあき 「私達は…ゼエゼエ…2回目なんだからね!…ゼエゼエ」



日本語で負け惜しみを繰り返します。



心が折れそうになったときは、iPhoneから聞こえるSMAPの歌声が僕達を勇気づけてくれました。




そしてついに二度目の登頂…!


DSC_3478.jpg


ちあき 「うわあぁぁぁ…!!」


DSC_3486_20150109082659fe4.jpg


雲に見え隠れするフィッツロイ


すごい迫力…!


DSC_3544_20150109075630e1e.jpg


本当に、


本当にもう一度登ってよかった…!



心の底からそう思った。



この景色を見て、これまでの疲れは一気に吹き飛びました。




フィッツロイを眺めながら食べたパンとピーナッツバター

DSC_3550.jpg


これはアイスランドで車中泊しながら食べて以来、大好物になったもの。


絶景を見ながら食べるピーナッツバターは格別です。




カッコいい雰囲気がプンスカする登山家。

DSC_3556.jpg



カメラを構えると…



ちょ、顔!!!!

DSC_3553.jpg




フィッツロイの前方に見えるロス・トレス湖まで下りてみました。

DSC_3566.jpg


上空の雲は奥から手前に流れています。



まるでフィッツロイが煙を吐き出してるみたい。

DSC_3552.jpg


僕達が山の上にいる間は雲が晴れることはなく、山の全景をはっきり見ることはできませんでした。




ここで吹く冷たい風が本当に気持ち良くて、周辺を散策してみることに。



僕達はその中でものすごい絶景に出会ってしまいました…!



フィッツロイに向かって左側にある丘を越えていくと…

DSC_3585.jpg




信じられないくらい美しい絶景がそこにはありました。

DSC_3576.jpg


山間に広がる氷河


その雪解け水から流れ落ちる滝

DSC_3577.jpg

今までに見たことがない青色をした湖



目の前に飛び込んできた景色が信じられなくて、


僕はずっとずっと立ち尽くしていました。



地球にはこんな絶景があるんだね。


この美しさは自分の想像を遥かに超えてた。


地球ってすごいや。


うん、本当にすごい。



この感動を、ブログを読んでいただいてる方と共有したい。


もしこれからフィッツロイに行く人には絶対に見てほしい。




そう思いました。



そして、僕はそのことをブログで伝えられる。




「ブログをやっててよかった!」


って、こういう時にも強く実感します。


P1190130.jpg



あの山道を2度も続けて登るのは本当に辛かったけど、


フィッツロイと、名前も知らない氷河と湖


僕達は心震える絶景に出会うことができました。



今日も読んでいただき、ありがとうございます!

世界一周ブログランキングに参加しています。

1クリックで、ランキングのポイントが入る仕組みになっています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この世界一周バナーをクリックして応援していただけると、とってもうれしいです!



暗闇トレッキングの末に見舞われた悲劇

Posted by まさや・ちあき on 10.2015 アルゼンチン   6 comments   0 trackback
氷河を見た僕達は次の町、エル・チャルテンへ移動!

全画面キャプチャ 20141225 54919-002


パタゴニアの町は似てる名前が多くてややこしいです。



エル・チャルテンの町並み。

DSC_3372.jpg


DSC_3369.jpg


こじんまりとした落ち着いた雰囲気の町です。


この町は国立公園の入り口にもなっていて、周りには自然もたくさん。



国立公園にはある有名な山があります。


その名もフィッツロイ


僕達はその山を見るためにここにやってきました。



フィッツロイは有名アウトドアメーカー「Patagonia」のロゴマークにも使用されています。

DSC_3363.jpg
(一番高く飛び抜けているのがフィッツロイ)



フィッツロイは、天気が良ければ町から見えるらしい。


けど、僕達が到着した日は雲が多くてその顔を拝むことができませんでした。

DSC_3375.jpg



その日の夜…

DSC01135.jpg



朝日と共にフィッツロイを見るため、


夜間トレッキングをすることに!

DSC01136.jpg


※やる気がみなぎってます。



町からフィッツロイまでは片道4~5時間の道のり。


そして最後の1時間で歩く山道はとんでもなく辛いんだとか。


2人で気合を入れて出発しました!




【トレッキング開始から15分後】


真っ暗な山道を懐中電灯で照らしながら歩いていると、


偶然、同じくトレッキングしている日本人女性2人組に出会いました。



真っ暗闇の中お互いに自己紹介をして、一緒に朝日ポイントを目指すことに!


顔も知らない相手とトレッキングしたのは生まれて初めての経験です。



DSC01142.jpg


たまに現れる道しるべを頼りに進んでいきます。




ふと空を見上げると、

DSC01148.jpg



ちあき 「すごい!オーロラみたい!」



雲の割れ目から差す月明かりが幻想的で、本当に綺麗でした。




またしばらくして見えてきたのが

DSC01146.jpg


星空とフィッツロイ



この光景を目にした瞬間は、もう鳥肌がすごかった!





【トレッキング開始から3時間】


最大の難関、涙が出るほどキツイ坂道が現れました。



急勾配な坂の上、足元は石だらけ。


そして真っ暗闇。


息切れしながら黙々と登っていきます。



この最後の1時間、話に聞いてた通りめちゃくちゃ辛かったです!



本当、めちゃくちゃ辛かったです!



辛すぎて2回言いました!



この時は「もう二度と登りたくない!」って本気で思った!




なんとか頂上付近に辿り着き、後ろを振り返ると

DSC_3383.jpg


朝日は雲の彼方…


その美しさで多くの登山家を惹きつけている朝日に照らされるフィッツロイ


今日それを拝むのは難しいか…!?



そして、登頂!




目の前には世界に名だたる名峰・フィッツロイが…!!


DSC_3428_201501090454426f3.jpg


ま、真っ白~!!!!




反対側は晴れてるのに

DSC_3396.jpg



フィッツロイ側は

DSC_3402.jpg


僕達はこの霧を見るために4時間以上も真っ暗闇の中を歩き続けてきたみたいです。


この真っ白も涙で滲んで見えます…。



さらに、そんな僕達に追い打ちをかけるように


雪が降り始めました。

DSC_3432.jpg


DSC_3395_20150109045343ce0.jpg


上の2枚の写真を見たら完璧に遭難です。



と思ったら、足元にも見慣れた色の服を着ている人が

DSC_3431_201501090454471fc.jpg


※寒さで凍えてます。




雲が晴れることを願って、ここで2時間もガクガク震えながら待機しましたが


結局…

DSC_3433.jpg


撤収~!!!!



来た道をまた戻るのでした。

DSC_3391-001.jpg 



登りで地獄を見せてくれた坂は


下りでも僕達の膝にダメージを与え続けてきました。




また1時間近くかけて坂道を下りきると…

DSC_3438.jpg


めちゃくちゃ晴れてる~!!



しかも!



フィッツロイが少し顔を出してる!

DSC_3439_20150109045515c33.jpg
(手前の山が地獄の坂道です)



僕 (も、もう一回登ってフィッツロイが見たい…)



ちあき 「もう少し上で待ってれば良かったね」



出会った2人 「ね、さすがにもう登れないし…」




「ボソッ(もう一回登ろう…)」




ちあき 「帰り道の途中で綺麗に見えるといいなあ…!」



出会った2人 「ね~!」





「も、もう一回登ろう!!」



ちあき 「えええええぇぇぇぇ!!!!」



出会った2人 「無理!私達はもう絶対についていけないよ!」



ちあき 「それ本気で言ってるの…?(苦笑い)」




【それから5分後】

DSC01154.jpg




続きはまた明日!




今日も読んでいただき、ありがとうございます!

世界一周ブログランキングに参加しています。

1クリックで、ランキングのポイントが入る仕組みになっています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この世界一周バナーをクリックして応援していただけると、とってもうれしいです!


これは…圧巻の絶景!

Posted by まさや・ちあき on 09.2015 アルゼンチン   2 comments   0 trackback
パタゴニアで一番楽しみにしていた場所、


ペリト・モレノ氷河へ向かいます!

DSC_3111-001.jpg
(氷河がある国立公園まではバスターミナルから)



バスは綺麗な湖の沿道を走っていきます。

DSC_3129_201501061243026cd.jpg



1時間ほどで国立公園に到着!


入場チケットを車内で購入しました。

DSC_3133.jpg



バスを降りて展望台へ。

DSC_3143_20150106124538cb1.jpg


遊歩道を真っ直ぐ進んでいくと…

DSC_3361.jpg




圧巻!!!!!

DSC_3312_201501061247381fd.jpg



思わず「うわあ…」と声が漏れてしまうくらいの巨大な氷河が目の前に。

DSC_3234.jpg



横幅5キロ、水面からの高さ60メートル、氷全体の高さは180メートルにも及ぶ大自然。

DSC_3210.jpg



人間と比べてみるとその大きさは一目瞭然。

DSC_3347.jpg
(真ん中の下に人が立っています)



この巨大な氷の塊は1日に1~2メートルほど手前に押し出されているそう。



アイスランドでも氷河は見たけど、あまりの規模の違いにただただ驚くばかり。




ちあきさんは


「イメージしてたより1.3倍大きい!!」って言ってました。



何その具体的なイメージ?




本当、納得の世界遺産です!

P1190083.jpg



国立公園の中には遊歩道が張り巡らされていて、色々な角度から氷河を楽しむことができるようになっていました。

P1190067.jpg



今までに見たことがない不思議なコケ。

P1170992.jpg



これは何ていう虫だろう?

P1170994.jpg



そ~っとね!

DSC_3165_20150106124528f05.jpg




写真だとわかりにくいけど、


氷河の奥に目を向けると本当に河のようになっていることが実感できました。

DSC_3317_20150106124707d35.jpg


本当に綺麗な青色。



みんな氷河に釘づけ。

DSC_3188_20150106124606fd9.jpg


僕達は国立公園の中に5時間いたけど、全然飽きなかったなあ。


DSC_3342_20150106124741999.jpg


P1190011.jpg



記念撮影もパシャリ!

DSC_3255.jpg


DSC_3256.jpg


ちょ!髪の毛が邪魔なんだけど!




なんて遊んでいると…




「パーーーーーーンッ!!!!」という花火のような破裂音が!




さらに、それに続いて




「ドドドドドドドドドド…!」




心臓に響く轟音が氷河から聞こえてきます。

DSC_3287.jpg


崩落。



気温の上昇と、押し出される圧力によって氷河の絶壁が大きく崩れ落ちる瞬間。



氷河が太陽に照らされる夕方頃になると活発に見られるようになりました。

DSC_3147.jpg
(今にも崩れそうだ…!)



4階建てのビルからトラックが落ちるくらいの規模になるのかな?



「次はどこから崩落するんだろう?」って予想するのが楽しかった!

DSC_3281.jpg 
(氷の塊はスローモーションのように落ちていきました)




ペリト・モレノ氷河、本当にすごかった!


帰りのバスの中でも「すごいものを見てしまった…」って、興奮が止まらなかった。

DSC_3348_20150106124742ddf.jpg



まさに非日常。


「圧巻」の一言でした!




今日も読んでいただき、ありがとうございます!

世界一周ブログランキングに参加しています。

1クリックで、ランキングのポイントが入る仕組みになっています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この世界一周バナーをクリックして応援していただけると、とってもうれしいです!


これが年末年始の洗礼か…

Posted by まさや・ちあき on 08.2015 アルゼンチン   3 comments   0 trackback
僕達はプンタ・アレナスから


プエルト・ナタレスに移動しました。

全画面キャプチャ 20141225 54919
(バスで5時間の道のり)



プント?プエルト?


アレナス?ナタレス?




ややこしや~。



ここプエルト・ナタレスには、パイネ国立公園というトレッキングの聖地があります



が!



ここは通過します!




プエルト・ナタレスでは、キス味のグミを食べて過ごしました。

P1170976.jpg



このグミ、



袋の中で細胞分裂してるの?



ってくらい、食べても食べても減らないです。



味は何味かわからないけど美味しいです!


ちあきさんは一つだけ食べて、「私はもういらないや。」って言ってました。



続いてエル・カラファテに移動!

全画面キャプチャ 20141225 54919-001
(バスで6時間の道のり)



またまたアルゼンチンに入国です。



エル・カラファテはパタゴニア観光の拠点になる町。



僕達がパタゴニアで一番楽しみにしていた氷河トレッキングも、この町からツアーが出ています。

DSC_3087.jpg



だからツーリストがたくさん!

DSC_3088.jpg


DSC_3091.jpg



※ここで大きな誤算がありました…!



アルゼンチンは年末年始をパタゴニアで過ごす人が多いらしく、今の時期が一番混み合っています。



なので…


泊まろうとしていた宿は満室


次の町へのバスも数日先まで満席



そして…!

DSC_3089.jpg



氷河のトレッキングツアーもずっと先まで定員が埋まってました…。




「高い方のツアーにする?それとも安い方にしよっか?へへへ!」



なんて、ウキウキしながら話してた自分をグーパンチしてやりたいです…。




今日はその浮いたお金でアイスを食べることに!

DSC_3096.jpg



アイスはパタゴニアの隠れた名物なのです。

DSC_3095.jpg



僕達が注文したのはチョコレートとヨーグルト、


そしてカラファテの実のアイス。

DSC_3098.jpg 
(一番奥に埋もれてるのがカラファテの実!)



カラファテの実アイスは、濃厚なブルーベリー味がして美味しかったです。



「カラファテの実を食べた旅人は必ずこの地に戻ってくる」


という、呪いのような言い伝えがあるそう。

DSC_3104_201501061057050fa.jpg


チョコレート味が一番美味しかったけどね!


またパタゴニアに戻ってこれるかな?




ということで、

DSC_3111_20150106105759ac7.jpg


明日は自力で氷河を見に行ってきます!



トレッキングはできないけど、それ以上に楽しんできます!



今日も読んでいただき、ありがとうございます!

世界一周ブログランキングに参加しています。

1クリックで、ランキングのポイントが入る仕組みになっています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この世界一周バナーをクリックして応援していただけると、とってもうれしいです!



  

プロフィール

まさや・ちあき

Author:まさや・ちあき
海越え、山越え、町を越え、ついに始まる2人旅!
名古屋から2014年4月6日に世界一周スタート!

訪問者数

検索

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。